プロフィール

greenmom27

Author:greenmom27
自宅で子ども英語講師とリトミック講師をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

子ども英語講師が選んだ洋書絵本たち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的なマナーを学べる絵本 英語教室でも。
ちょっと前に見つけたマナーを学べる絵本を注文していたのが、届きました。



今まで我が家にあったマナーの絵本と言えば、



これだけで、赤ちゃんぽいので、幼児以上の子どもたちには読めないと思っていたところに見つけたのでラッキーでした。

大きな体のクリフォードが、「誰かに何かをもらった時は、Thank youと言うよ。」 「Say "Thank you."」などと、

言ってみよう! とまで親切に書いてあります。

「人の前を通るときは、Excuse me.」

「ご飯を用意してもらい、食べる前に手を洗おう」
などなど、思ったより細かいシチュエーションまで描かれていて、

しかも、「家にお邪魔するときは、足をきれいにしよう」と言って、玄関前のマットで、大きなクリフォードが小さなマットの上で足を拭いていたり、

「試合で勝っても、自慢しない」とか、

ところどころにクスっと笑えるところがあって、子どもウケしそうなので、

レッスンで使おうと思ってます。

基本的なあいさつを教える導入にいいと思います。


にほんブログ村→クリックお願いします。ありがとうございます(^∇^)ノ
スポンサーサイト
ハロウィーンの時期に monsterが出てくる絵本
ハロウィーンのこの時期にぴったりの絵本。

ALL ABOARD READINGシリーズで。文章の中にイラストが載っているから、

子どもたちもイラストを見ながら、参加型の読み聞かせができるのが特徴。

値段もお手頃だし、言うことなしなので私もよくレッスンで使います。







ハロウィンおすすめ絵本 4歳、5歳
ハロウィンの季節ですね。
私は、このハロウィンの季節が好きです。なんだかわくわくします。

今年は、娘のお友達と一緒にtrick or treatingをすることも決まったし(^-^)/
trick or treatingの前に、ハロウィンのことをよく知らない子どもたちのために、英語の絵本を読んだり、歌を歌ったりする予定です。
自宅にあるたくさんのハロウィンの絵本の中から、何を選ぼう??まだ何も決めていないけど。
そうやって選ぶのもまた、楽しい時間です

さて、今日は、ハロウィンの絵本を紹介します。


こちらは、ハロウィーンに出てくる主な登場人物をクイズ形式で紹介している絵本です。

SANY0004_201510151355502a3.jpg

ヒントが書いてあって、(例:とがった帽子に、とがった鼻、とがったあごにとがった足指、ほうきて自由に空を飛んでいる。)
「私がだれかわかるかな?」
SANY0003_201510151355494cf.jpg
で、次のページ 答えは「魔女」
そのまま次の問題が書いてあります。

SANY0005.jpg

この絵本では、答えを書いてある文章(聞き取り)からしか導くことができないので、ちょっとむずかしいから、私は、この絵本を読みながら、登場人物の影を見せて、子どもたちが答えを考えられるようにしました。
SANY0010_201510151355524b1.jpg

ご家庭では、何度も読んでいる間に、あっという間に登場人物の名前も言えるようになります。

小学生くらいになって、英語が十分に理解できる子どもたちは聞き取りだけで、答えを当ててもらうのもいいですね。


にほんブログ村
→クリックお願いします。ありがとうございます
レオ・レオニ カメレオンの絵本

私の好きなレオ・レオ二の絵本です。
幼児さんの色がレッスンテーマの時に使っています。
一切日本語を交えずに読み聞かせているので、カメレオンが、「自分の色」を探しているということは理解していないかもしれませんが、たくさん出てくる色を一緒に繰り返したりして、よく興味を持って聞いてくれます。

SANY0010_20150711232215a6b.jpg
トラの上にいたら、カメレオンもトラと同じしましま模様に・・。

SANY0011_20150711232217e82.jpg
葉っぱの上にのっていても、季節が秋になれば色が変わってしまい、未だ自分の色を見つけられないカメレオンは春になって、
自分より年上で頭のいいカメレオンに出会いました。そのカメレオンは「僕たちは、自分たちの色は持てないけど、一緒にいよう。そしたら、いつもそっくりでいられるよ」と提案します。

SANY0012_20150711232219be6.jpg
それで、いつも一緒にいるようになった2匹。とても幸せに暮らしましたとさ。

SANY0013.jpg
レッスンの中では、この絵本を読んだ後に、さらに、いろんな色のカメレオンを同じ色の画用紙の上に置く活動をし、さらに理解を深めています(幼稚園入園前の子どもたちも、色や柄、絵が同じ、違うで、物事をどんどん覚えていくので、もっと小さな月齢の子どもたちにもおすすめです)
そして、これは、自宅でも遊べるように、トレーシングペーパーに絵本の表紙の絵をなぞったもの。自宅で、いろいろなものの上において、カメレオンの色が変わる様子を見て、遊べるようになっています(後から気づいたけど、もちろん透明ビニールの方がクリアに見えますね)

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村→クリックお願いします。ありがとうございます
テーマ”海”の絵本
引き続き、”海”がテーマの絵本です。SANY0056.jpg

ノリのいい歌が入ったCD付きの絵本です。

海の底には、実際に穴があるらしいです!!

たくさんの海の生き物が次から次に、数珠つなぎのように出てきます。開いたページの中から、新しく出てきた生き物を探すのも楽しいですね。

実は、この絵本、食物連鎖についても描かれています。

同じフレーズの繰り返しなので、わかりやすいと思いますが、CDは、とても早口で歌っていますので、同じ速さで歌うことは
難しいと思います。

ゆっくりとした速さで、読み聞かせてあげるといいと思います。またCDの聞き流しもいいですね。



SANY0057.jpg

SANY0058.jpg

SANY0060.jpg

SANY0063.jpg
お話の後のページには、きちんと説明が書かれてありますので、子どもさんが小学生になり、理解ができるようになったら、日本語を交えて説明をしてあげるといいですね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。