プロフィール

greenmom27

Author:greenmom27
自宅で子ども英語講師とリトミック講師をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

子ども英語講師が選んだ洋書絵本たち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I canが学べる絵本 ロールプレイにも。
レッスンで学んだフレーズ(I can)が出てくる絵本を探していました。

が、純粋な?!洋書絵本は、やはり短い文章でも、時々なじみのない言葉が出てきて、いい絵本を見つけることができませんした。

そこで、目をつけたのが、日本の英語学習者向けに作られたアプリコット出版の絵本です。



SANY0033_20160623001109bb7.jpg

SANY0034.jpg

SANY0035.jpg

SANY0036_2016062300111346d.jpg

SANY0037_20160623001115a9f.jpg

What can you do ? (何ができるの?)の問いかけの後に、それぞれの動物ができることが書いてあります。
ヘビが出てくるところで、I can swim in the water. I can jump from tree to tree, too.という文章がありますが、
子どもたちからは、「ヘビはそんなことせんし・・。」という声が・・。
次のページには、ヘビが脱皮している絵が載っていて、I can shed my skin. 脱皮するは、shedって言うんですね。
私も一つ学びました。

一通り動物たちができることが出てきた後は、自分たちが何ができるかについて
描いています。
We can walk. We can stand on one leg.など。

そして、さらに悲しいことですが、We can even make weapons and start wars. (私たちは、武器を作り、戦争を始めることもできる)
とあります。
でも、We can stop the war. (戦争をやめることもできるんだよ)と世界中の人々が手に手を取り合っている絵が描いてあります。

I can. とともに、たくさんの動詞も覚えることができそうです。

すべてをロールプレイするのは、難しいかもしれませんが(時間をかければできそう。)動物のところなど、

みんなで「What can you do?」と聞き、一人もしくは数名で、ある動物役になって「I can〇〇.」となりきって言えば、

英語を披露したりする機会にも使えそうだなと思いました。


また、I can.つながりで・・・。

有名すぎるこちらの絵本をもう一度少しフレーズを変えて読んでみようかなと思っています。



I can do it!の繰り返しが耳に残るこちらの絵本ですが、今回は、

Can you do it? に対して、 Yes, I can./No, I can't.とし、受け答えの練習に使ってみようかなと思っています。


講師のアプローチの仕方次第で、子どもたちはもっと伸びると信じています。


にほんブログ村

にほんブログ村→クリックお願いします。ありがとうございます
スポンサーサイト
ゲーム感覚で、英語で体の部位がわかる絵本
英語圏で サイモンゲームというものがありますが、
そんな感じの絵本の紹介です。


絵本に出てくる体の部位、またそれらを使ったフレーズを先生がジェスチャーで見せながら理解してもらいます。

(文字で書いてあると子どもたちには難しそうですが、動きを見せることで、英語のまま理解しやすいですね
ご自宅でも、ぜひぜひやってみてください)

絵本は一度だけでなく、可能なかぎり何度も読んで、そして一緒に動いて、十分理解したところで、

”サイモンゲーム”風にされるといいですね。

(サイモンゲームでは、 一人がSimon役になります。  指示のフレーズの前に、Simon says と言ったら、その指示に参加者はその指示に従わなければいけません。しかし、何も言わない時は、その指示に従ってはいけないというルールです)
例: Simon says "Touch your nose." →従う
           "Touch your nose." →従わない


私は、この絵本を表紙をカラーコピーして、エルモを切抜き、ラミネートして使いました。
 なので、言い始めは、”Big Bird says..”ですね。

SANY0063_20150820233639439.jpg

SANY0065~1
SANY0070_20150820233642e29.jpg

但し、一つ難点を言うなら、レッスンで使うとしたら、ちょっと長いです。しかも、ジェスチャーだけではわかりにくいページに体の部位が出てこないページもあるので、使いたいページだけピックアップして、見せるものいいかと思います。

SANY0082.jpg
ちなみに、このページ、「歯がぐらぐらしている人を見つけよう」となっています。
ちょうど、歯が抜け始めたくらいの年の子どもたちに読んであげると、より理解しやすいですね。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村→クリックお願いします。ありがとうございます


何通りもの組み合わせができ、しかも笑いがたえない絵本
先日、留学生を招いての英語イベントで読んでいただいた絵本です。



絵本は、事前に私が購入しておいていたものだったのですが、これが子どもたちに大うけでした。

文章は、本当にシンプルで、すべて「Do you like ~?」で始まるようになっています。

SANY0014.jpg
SANY0015_20150713224716a05.jpg
学習歴が短い子どもさんでも、絵を見ただけで、すぐに理解でき、笑いになる。
SANY0017_20150713224718096.jpg
しかも、前置詞のon, in も自然と違いがわかるでしょう。
SANY0016_20150713224718bdd.jpg
自宅にあれば、きっと何度も、「読んで、読んで!」と言われること間違いなし!

先日うちの5歳の子どもがお姉ちゃんにお菓子を横からとられて泣いていたので、この絵本のフレーズを真似して
「Do you like coffee beans on your nose?」などと言って、遊んでいたら、泣いている娘がすぐに泣き止んで
吹き出していました。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村→クリックお願いします。ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。