プロフィール

greenmom27

Author:greenmom27
自宅で子ども英語講師とリトミック講師をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

子ども英語講師が選んだ洋書絵本たち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おさるのジョージで、時間を学ぶ
 おさるのジョージの絵本
george1
絵本の表紙に、針が動かせる時計がついています。

george2
幼稚園に行くジョージの1日を描いた絵本なのですが、たとえば、10時は、ストーリータイム。
表紙の時計が絵本のページを見ながら、触れるようになっているので、文章に合わせて、時計の時間を動かします。
「It's ten o'clock.」などと、言いながら、読んでいけば、数も時計の読み方もだんだんとわかるようになってきますね。
(時計の読み方は、小学生に上がってから、学校で学びますが、年長さんくらいでも、絵本に出てくるような10時、11時など、
きりのいい時間は、わかるかもしれません。)
george3
最初は、ページの右下に時計が描かれているので、それに合わせて時計の針を合わせるように言ってあげると、やりやすいと思います。

お話の中では、毎日の習慣なので、動詞は現在形で書かれています。

子どもたちのスケジュールを言ってあげたりするのもいいですね。
たとえば「We eat dinner at 6:00」「You go to bed at 9:00」などなど。
時間を意識することで、毎日幼稚園や小学校に行く準備がスムーズにできるようになると一石二鳥ですね。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村→クリックお願いします。ありがとうございます
スポンサーサイト
THE VERY HUNGRY CATERPILLARで学べること
邦題「はらぺこあおむし」でも、有名なこちらの絵本



実にいろいろなことが学べます。

・1から5までの数の認識
・曜日
・果物の名前
・I ate (食べたよ)のフレーズ
さらに、動き caterpillar crawl(はう)  butterfly fly(飛ぶ)

caterpillar1
caterpillar2
caterpillar3

caterpillar4
 レッスンでも、1回読むだけではもったいない!
 数、フルーツ、動き、曜日など、レッスンに関連するテーマの時に、何度もこの絵本を登場させることで、子どもたちに定着しやすいですよね。
私は、1週目は、絵本を読むだけ、2回目は、フェルトを使って、フェルトシアター風に、3回目は、お話をアレンジして・・・
など、何度も何度も使います。
フェルトシアターの良いところは、子どもたちに手伝ってもらいながら、子どもたちもお話に参加できるところ。
一緒に食べ物などを並べた後は、食べる真似をしながら、「I ate 〇○.」とフレーズを練習したり・・・


とても有名な絵本なので、図書館で借りることができるし、子どもたちが気に入ったら、図書館で借りてもらう手もありますね。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。