プロフィール

greenmom27

Author:greenmom27
自宅で子ども英語講師とリトミック講師をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

子ども英語講師が選んだ洋書絵本たち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな音楽を聞かせたらいい?
前回の記事の続きです。

音楽が好きな子どもになってもらうために、どんな音楽を聞かせるといいのか?

幅広い音楽を聞かせること。つまり、クラシックだけでなく、ジャズでもロックでもあるいは民族音楽でもなんでもたくさんの音楽を聴くことで、子どもは自分の好きな音楽を発見する。

さまざまな音楽にふれる中で、子どもの音楽に対する情緒は育まれ、深まり、関心も高められていく。



幅広いジャンルの音楽・・・まずは、親が一番好きな曲を聴かせてみよう。


音楽を聴くことに身構えるのではなく、日常の暮らしの中に音楽が自然に流れているという環境が大切である。

子どもが好きな音楽をみつけて、音楽を聴いて示す反応をみてあげよう。

身体をゆする、あるいは踊りだす、口ずさむ、何かをたたき出す、笑い出すなどなど。

その反応は、たんに「聞こえる」から「聴く」に変わったことを意味する。つまり一歩音楽的になったということである。



スポンサーサイト
なぜピアノを習わせるのですか?
最近、実家から持ってきた30年以上前に書かれた本を読み、共感したので紹介します。



ピアノを習われていた方は、上のタイトルを見て、「えー私、バイエルしたのに、そうだったの?とか、うちの子バイエルしてるけど・・・」って思われている方もいるかもしれませんが、バイエルがいいか悪いかは、いろいろな意見があると思うので割愛します。

共感した内容について書くと・・・。


なぜピアノを習うのか?

「せめて、ピアノくらいは弾ける子どもになってほしい」
「世界的なピアノソリストになってほしい」
「ご近所のお子さんが皆、習っているからうちの子も」
それとも
「音楽を愛する、情操の細やかな良い子になってほしい」

ピアノを習う場合、その音楽は、クラシックと呼ばれる西洋の古典音楽であることが一般的。
そして、音楽には言葉と同じようにさまざな<文法>がある。

子どもたちがピアノを習うにあたって、まず教えらえるのはこの文法。

もちろん文法という基礎がしっかりしていなければ、ピアノが弾けるようにはならないのですが、
子どもたちに親しみのない音楽をくりかえしひかせるばかりでは、たとえテクニックが身に付くとはいえ、子どもたちが音楽を好きになったり、音楽の能力が伸びていくとは思えないと言わざるをえない。

では、どうしたらいいのか?

音楽を聴くこと。

音楽が好きになること、ピアノが好きになることの第一歩は、音楽を聴いてその音楽を好きになることなのだから。


なぜピアノを習うのでしょうか?

それは、音楽が好きでピアノを弾きたいと思うから。

だからピアノを習いたいからだという、あたりまえのところから始めるのが子どもたちのためでである。


どんな音楽を聞かせるといいのかについて、また書きたいと思います。
”手”の絵本、絵に見とれます
とても美しい指の絵本です。



piggies1

それぞれの指にはぶたさんがいます(fat little piggies,smart little piggies,long little piggiesなど)
piggies2

時々、寒いぶたさんたち→別のページには熱いぶたさんたちが載っています。(hot/coldが遂になっています)
その他 clean/dirtyも
piggies3

ベッドタイムになると、ぶたさんたちは、おなかまでスキップしていって、さらに足の指でダンス。
(絵本の最中や、絵本の後に、指を動かしながら、おなかや足まで下がっていって遊んだりするとまた楽しめます。
 体の部位も覚えられます)

最後には、ぶたさんはお休みします。

ご家庭でも、ぶたさんの動きに合わせて、ママが指を動かしながら、子どものお腹やいろいろなところに持って行って、くすぐったり、体の部位を言ったりすると(Piggies are going to your tummy.など)喜ぶでしょうね。

また、ぶたさんでなくても、フェルトで簡単な指のパペットを作って、"Hello!"などといろんな指さんと会話するようにしても楽しいと思います。

english_parent88_31.gif
→クリックお願いします。ありがとうございます
”服”がテーマの絵本
今回は、「服」がテーマの絵本です。




Willyという男の子が、ズボンを頭にかぶって、ウサギのようになったり、手袋を足にはめて、蛙になったりしてふざけて遊んでいます。



silly willy1

そんな様子をママがにこやかに眺めているのですが、その後ママはやさしく洋服をあるべきところに着せてあげ、
silly willy2

ウィリーの鼻にキスをしてあげます。それから、最後にママが・・・。
silly willy3

この絵本では、洋服の名前の他、洋服を着るget dressed

~に似ている look like

動物の名前(rabbit,duck, seal,frog)などを学ぶことができます。

動きながら、一緒に動物に変身するといいですね。

english_parent88_31.gif
→クリックお願いします。ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。