プロフィール

greenmom27

Author:greenmom27
自宅で子ども英語講師とリトミック講師をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

子ども英語講師が選んだ洋書絵本たち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム感覚で、英語で体の部位がわかる絵本
英語圏で サイモンゲームというものがありますが、
そんな感じの絵本の紹介です。


絵本に出てくる体の部位、またそれらを使ったフレーズを先生がジェスチャーで見せながら理解してもらいます。

(文字で書いてあると子どもたちには難しそうですが、動きを見せることで、英語のまま理解しやすいですね
ご自宅でも、ぜひぜひやってみてください)

絵本は一度だけでなく、可能なかぎり何度も読んで、そして一緒に動いて、十分理解したところで、

”サイモンゲーム”風にされるといいですね。

(サイモンゲームでは、 一人がSimon役になります。  指示のフレーズの前に、Simon says と言ったら、その指示に参加者はその指示に従わなければいけません。しかし、何も言わない時は、その指示に従ってはいけないというルールです)
例: Simon says "Touch your nose." →従う
           "Touch your nose." →従わない


私は、この絵本を表紙をカラーコピーして、エルモを切抜き、ラミネートして使いました。
 なので、言い始めは、”Big Bird says..”ですね。

SANY0063_20150820233639439.jpg

SANY0065~1
SANY0070_20150820233642e29.jpg

但し、一つ難点を言うなら、レッスンで使うとしたら、ちょっと長いです。しかも、ジェスチャーだけではわかりにくいページに体の部位が出てこないページもあるので、使いたいページだけピックアップして、見せるものいいかと思います。

SANY0082.jpg
ちなみに、このページ、「歯がぐらぐらしている人を見つけよう」となっています。
ちょうど、歯が抜け始めたくらいの年の子どもたちに読んであげると、より理解しやすいですね。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村→クリックお願いします。ありがとうございます

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://recobookdvd.blog.fc2.com/tb.php/31-b8b1d16a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。