プロフィール

greenmom27

Author:greenmom27
自宅で子ども英語講師とリトミック講師をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

子ども英語講師が選んだ洋書絵本たち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I canが学べる絵本 ロールプレイにも。
レッスンで学んだフレーズ(I can)が出てくる絵本を探していました。

が、純粋な?!洋書絵本は、やはり短い文章でも、時々なじみのない言葉が出てきて、いい絵本を見つけることができませんした。

そこで、目をつけたのが、日本の英語学習者向けに作られたアプリコット出版の絵本です。



SANY0033_20160623001109bb7.jpg

SANY0034.jpg

SANY0035.jpg

SANY0036_2016062300111346d.jpg

SANY0037_20160623001115a9f.jpg

What can you do ? (何ができるの?)の問いかけの後に、それぞれの動物ができることが書いてあります。
ヘビが出てくるところで、I can swim in the water. I can jump from tree to tree, too.という文章がありますが、
子どもたちからは、「ヘビはそんなことせんし・・。」という声が・・。
次のページには、ヘビが脱皮している絵が載っていて、I can shed my skin. 脱皮するは、shedって言うんですね。
私も一つ学びました。

一通り動物たちができることが出てきた後は、自分たちが何ができるかについて
描いています。
We can walk. We can stand on one leg.など。

そして、さらに悲しいことですが、We can even make weapons and start wars. (私たちは、武器を作り、戦争を始めることもできる)
とあります。
でも、We can stop the war. (戦争をやめることもできるんだよ)と世界中の人々が手に手を取り合っている絵が描いてあります。

I can. とともに、たくさんの動詞も覚えることができそうです。

すべてをロールプレイするのは、難しいかもしれませんが(時間をかければできそう。)動物のところなど、

みんなで「What can you do?」と聞き、一人もしくは数名で、ある動物役になって「I can〇〇.」となりきって言えば、

英語を披露したりする機会にも使えそうだなと思いました。


また、I can.つながりで・・・。

有名すぎるこちらの絵本をもう一度少しフレーズを変えて読んでみようかなと思っています。



I can do it!の繰り返しが耳に残るこちらの絵本ですが、今回は、

Can you do it? に対して、 Yes, I can./No, I can't.とし、受け答えの練習に使ってみようかなと思っています。


講師のアプローチの仕方次第で、子どもたちはもっと伸びると信じています。


にほんブログ村

にほんブログ村→クリックお願いします。ありがとうございます
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://recobookdvd.blog.fc2.com/tb.php/39-6fe452c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。