プロフィール

greenmom27

Author:greenmom27
自宅で子ども英語講師とリトミック講師をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

子ども英語講師が選んだ洋書絵本たち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの英語力を伸ばせる保護者とは・・・。
こんばんは。

小さな英語教室をしております。

うちの教室には、1歳から小学3年生までの子どもたちが英語レッスンに来てくれています。

総じて思うのは、小学生のママたちが忙しそうであること。(ママだけでなく、子どもも忙しくなります)

英語力が伸びる伸びないは、保護者の関わり方が大きいのではないか、と思います。

保護者が忙しさ(心の余裕)は、そのまま子どもの英語力に反映しているように思えます。

たとえば、幼稚園児さんのクラスは、基本的に熱心な保護者の方が多いのですが、

ママたちが体調が悪かった、仕事が立て込んでいたなどがあると、その時期の子どもは、レッスンを欠席する、休まなくても

宿題が出来ていない、復習でCDを聞いていないなど、ご自宅での取り組みがおろそかになります。

逆にいえば、低年齢であれば、なかなか自分で宿題をするようなことはないので、仕方がないことはあります。

反対に、この子は、なかなかフレーズが出てこないな、ついていけるかな?と思っていても、保護者のがんばり?で、

数か月後にはめきめき上手になってくることもいます。(本当、お母様を誉めてあげたくなります)

 小学生以上の子どもたちは、ある程度大きくなったとはいえ、まだまだ自分で自分自身を管理するところまでは至っていませんので、保護者の方の力が必要です。

年少さんから習ってくれている兄弟で、2年目くらいまでは、レッスンもなかなかうまく進まないくらいな子たちが、3年目くらいから
かなり上達しました(レッスンの態度は悪いけど、理解がいいみたいな・・・)

保護者の方に、ご自宅でどんな風にしているか聞くと、私が毎週のレッスンの後にお渡しするプリントに書いている宿題や、テキスト、CD番号にお母様が印を書いておき、それを冷蔵庫に貼る。
それを毎日子どもたちが朝の時間?にCDプレーヤーで聞く。また、ポイントは、先生から指定された番号だけでなく、そのままずっと流しっぱなしにしている、とのことでした。
この子たち、聞き取りがとても上手です。少しづつ文章が読める、フレーズで言うのが上手です。
ちなみに、お母様は、英語ができるわけではありませんが、毎日の習慣づけをしっかりされています。

また、別の小学生たちは、お母様が仕事があり、教室に足が運べずに、子どもだけで来る子もいます。その場合も毎週プリントを渡す、Lineでまめに連絡を取る、などしています。とにかく忙しい印象です。

子どもたちからは、「CD聞いてない」「たまに聞いた」みたいな反応です。

お母様自身も「なかなか見てあげられなくて・・・・」などの声が聞かれます。

あるクラスでは、アルファベットシジングルをやっていて、覚えてくることが宿題で、なかなかできていない子どもの保護者には、
どのように覚えればいいかまで、お話させて頂きました。

が!! 子どもは、「おれ、CD1回しか聞いてない。」 アルファベットジングルをチェックした結果、ほとんど覚えていませんでした・・・
これって、子ども自身がやってないことを自覚しているパターンですね。
保護者もさせることができていません。

また、今日のこと時間が押して予定していた活動ができずに、宿題をテキストを見ながらCDを聞く、のみになりました。
そしたら一人のお子さんが「書く宿題ないの?ていうことは、宿題ないってことやん!やった!!」と喜んでいました。
講師としては、悲しい限りですね。毎日英語に触れるための課題なんですけどね。
なかなか講師の気持ちが伝わりません。

すみません・・。途中から愚痴みたいになっちゃいました。

とにかく、言えることは英語を話せるようになるのに、週に1回のレッスンでは、絶対に不十分だということ。
でも、ご自宅での取り組み次第では、効果的に伸ばすことは可能だと思っています。

どんな考えで、英語教室に通わせているのか?が大事だと思います。
おうちでは、なかなか英語の復習とかさせられないけど、週に1回の英語のレッスンだけはしっかり通わせて、
ゆるーい感じでも、英語に触れて本格的に学校で始まった時に、拒否反応がでなけりゃいいという考えなら、ずっと習わせるのもあり。

または、しっかり英語を身に着けてほしいなら、保護者の方も時間をお子様の英語に割くべきだと思います。

英語ができる子は、偶然できるようになっているわけでなく、本人はたとえ努力しているとか、がんばっているとかいう意識がなくても、保護者の方が英語の環境を作ってあげているんだと思います。
(保護者の方が英語力なくても、車の中で英語のCDを聞かせる。家でCDプレーヤーの操作方法を教える、宿題ができているかチェックする、一緒にCDを聞いてあげるなど、できる範囲でやればいいと思います。また、お金を払ってアフタースクールに連れていってあげるのも英語環境を作ってあげることだと思います。お金がかかるけど。)

考えても見てください。小学校で、どれだけ国語、算数の授業があるでしょう。
さらに、宿題でも、音読、漢字の練習は、うちの子の場合は、ほぼ毎日。あと算数は計算問題。
なのに、英語を身に着けてほしいのに、週に1回レッスンだけ?
残念ながら、そんなに都合よく英語力は身に付きません。

保護者の方も忙しいのわかるけど、私も保護者なので。

とりあえず、夜寝る前の英語絵本の読み聞かせ、読書の時間だけは死守してます。


にほんブログ村→クリックお願いします。ありがとうございます





スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
まさしく、そう思います。
娘を3歳からECCに通わせていましたが、1年生でもアルファベットがアヤフヤで驚いたのを
つい先日のように思いだします(笑)そして、我が家のおうち英語は始まったのですが・・・
そんな娘も小3になり、英検5級を受けるまでになりました。同じクラスの子はまだ文章も読めないので
おうちでの取り組みの成果だと感じています。
今後も工夫して取り組んでいかねばと思っています。

ところで、一つご相談があるのですが・・・・
私には息子もおりまして、来年1年生になります。
と、同時に私もフルで働くので、息子は英語の学童に通わせます。
まるっきり遊びでちょこっとお勉強の英語学童週3(1回3時間)のみ、

学童は週2で、ECCの外語学院で、外国人先生1時間+ネイティブ日本人先生1時間を週1
どちらが英語が身につきやすいでしょうか?

英語学童の先生はもちろん週3通った方がいいとおっしゃいます。
が、「英会話」を学ぶのも大切かな、、、とも思うのです。
値段は同じです。

プロからみると、どう思われますか?
[2016/12/15 15:30] URL | mi #- [ 編集 ]


mi さん
初めまして。コメントありがとうございます。
うちの子も小3と年長です!
さて、ご相談の件、私の意見が参考になるかどうか・・・。恐縮でございます。
私なら、学童は週2で、ECCの外語学院で、外国人先生1時間+ネイティブ日本人先生1時間を週1 を選ぶと思います。
理由は、上のお姉ちゃんが英検5級を受験されたとのこと。下の息子さんが小2,3になったころ、mi さんが「そういえば、お姉ちゃんが小3の頃英検5級を受けたなー 下の子もそろそろ・・・」と英検を受けるくらいのレベルまで上がっていることを期待するのではないかと思いました。

英語学童のちょこっとお勉強がどの程度なのかによっても、変わるかもしれませんが・・・・
英語学童で「読み」を学習しなければ、miさんがご家庭で「読み」を教えない限り、いつまで経っても英検の受験は難しいと思います。
英語学童は、レッスンではなく「生活」ですね。普段使いの英語を聞き、話せるようになると思います。小学校に上がれば、知的レベルも高くなるので、週2回の英語学童でアウトプットの場を大いに活用しつつ、その普段使いの英語が一体どのようになっているのか(文法的に、一つ一つの発音など)を「英語教室」で学ぶと思えば、相乗効果でいいかもしれませんね。
フルタイムということでお忙しくなりますね。でもきっと「おうち英語」をされている方ですから、きっと上手にご家庭でも英語を継続されることと思います。お互いがんばりましょうね。
[2016/12/15 19:52] URL | greenmom27 #- [ 編集 ]


:greenmom27さん

先日は、丁寧なアドバイスをありがとうございました。
アドバイス頂いたように、週2回の英語学童に週1回の英語教室にしようと思います。
小1なので、英語教室はあまり気張らず、学校の近くにあるECCジュニアの英検コースを体験する事にしました。
お気に入りのフィギュアで英語で遊び始めた(短い言葉ですが)今日この頃。
良い方向に導いてやれたらと思います。
ありがとうございました。
[2016/12/26 12:13] URL | mi #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://recobookdvd.blog.fc2.com/tb.php/54-44d39655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。